girl-781155_640-min
脱毛は今や誰もが意識する時代で、全身脱毛をしたり、永久脱毛をする方も珍しくなくなりました。しかし、脱毛が完了した後の事はあまり話題になりませんが、快適な方もいれば、肌トラブルで悩んでいる方もいるのです。

脱毛終了後の肌トラブルにはどのようなものがあり、それに対してどのような対処法があるのでしょうか。少し深く掘り下げて見て行きたいと思います。

やけど

現在主流の脱毛法として知られているレーザー脱毛や光脱毛は、黒い色素に反応させて脱毛効果を発揮します。両者共に共通しているのは、光が持つエネルギーを使ってムダ毛の毛根にダメージを与えると言う事なので、出力の強さや、肌の状態や質によってはやけどを起こす事があります。

冷却装置がついている脱毛マシンも登場していますが、それだけでは足りなくてやけどをしてしまう事もあります。また、ジェルを塗ってからマシンの光を照射する場合でも、ジェルの塗り方にムラがある時などはやけどをしてしまう事があります。

やけどをした場合は、脱毛の施術を受けたサロンや医療機関にまずは相談する事が第一で、その後適切な治療を受ける事が重要になります。

点状の赤みやうっすらとした腫れ

このトラブルはレーザー脱毛やニードル脱毛で起こりやすいトラブルです。どちらの施術も毛根に対して直接的にダメージを与える方法なので、施術後にぽつぽつとした毛穴の赤みや、腫れが見られる事があります。

これはカウンセリング時にも説明をされる事ですが、この症状は良く出るものなので、通常であればさほどの心配はいりません。1週間から2週間程度で収まり、綺麗な素肌に戻る事が出来ます。

しかし、それ以降の期間が経過してもなかなか治らない、むしろ炎症を起こしたと言う場合はすぐに施術を受けたクリニックを受診する必要があります。痛みが強い、腫れてとても気になるようであれば、受診をしてしかるべき治療を受ける必要があるからです。

この期間中は出来る限り紫外線から患部を守るようにして、刺激を与えないようにする事も重要です。

内出血

レーザー脱毛やニードル脱毛をした時に出る症状の1つで、レーザー脱毛の場合は注射による麻酔をした時、ニードル脱毛の場合は、針が血管まで達した時に起こる症状です。この場合の内出血は時間の経過と共に薄くなり消えて行きますので、あまり心配はいりません。

皮膚表面が硬くなった

レーザー脱毛や光脱毛を施術した時に起こりやすい肌トラブルです。施術によって、肌に負担が大きすぎたり、施術による肌の乾燥が原因だと言われています。ほとんどの場合は、正しく施術を行い、保湿をしっかりしていれば皮膚が硬くなったように感じる事はありませんが、もしもこのような症状が出た場合は、肌を刺激しないようにしなければなりません。

脱毛自体は継続していっても大丈夫で、毛量が減っていき、その都度保湿をしっかりとしていけば、徐々に改善していくものです。一瞬焦りを感じるかもしれませんが、様子を見る事が大切です。

皮膚の知覚障害

各種脱毛法で起こる肌トラブルです。レーザー脱毛や光脱毛、ニードル脱毛で起こりやすい症状です。

この原因として考えられるのは、脱毛施術時の痛みや肌の負担によって、一時的に肌の感覚が鈍くなると言う事です。人によっては個人差があり、敏感になる方もいます。

改善については肌がターンオーバーをして再生する事によって自然と回復すると言われています。あまりにも感覚がない、過敏に感じると言う場合は、施術を受けたクリニックやサロンに相談する必要があります。

リンパ腺障害

各種脱毛法で起こる可能性があるトラブルです。レーザー脱毛や光脱毛、ニードル脱毛で起こる可能性があります。主な症状としては、肌にしこりが出来る、押すと痛みがある症状が代表的です。これは、前述した知覚障害と同じように、脱毛によってダメージを受けた事によって一時的にしこりや痛みを感じるようになるもので、回復までにはおよそ1か月程度かかると言われています。

脱毛自体は継続して行っても問題が無いと言われていますが、強い痛みが続いて夜も眠れなかったり、大きなしこりが出来た場合には、施術を受けたクリニックやサロンに相談する必要があります。治療については症状によりますので、必要であれば治療を行います。

埋没毛

主にカミソリやシェーバー、除毛クリームなどでムダ毛を処理した時に起こる肌トラブルです。脱毛によるトラブルと言うよりは、間違った自己処理によって、肌を傷つけてしまったために、肌のターンオーバーが乱れたり、傷つけた個所の毛穴の中だけでムダ毛が育ってしまう症状です。

無理にそのムダ毛を処理しようとすると傷跡が出来る事がありますので、医療機関で処理してもらう事がおすすめです。

まとめ

脱毛による肌トラブルは多岐にわたりますが、適切な方法やアフターケアをしっかりと行っていればほとんどの場合、トラブルが起こる事はありません。