hospital-661274_640-min
同じ脱毛をするにしても、「脱毛サロン」「脱毛クリニック」などのように、名称が異なる事があります。同じ脱毛をする場所だと言う事はわかっても、サロンとクリニックの違いは何なのかまではこの時点ではわかりません。

脱毛サロンと、脱毛クリニックの違いにはどのようなものがあるのでしょうか。また施術の違いなどはどうなっているのでしょうか。

脱毛サロンについて

脱毛サロンとは、厳密に言うと、「エステサロン」や「脱毛サロン」といったように言われる事が多い、光脱毛の施術を受ける事が出来るサロンです。もっとわかりやすく言えば、医療機関ではないので、ドクターやナースの常駐や、薬剤を使用する事はない事が明確です。

脱毛サロンは、医療機関では無い事から、脱毛が出来るとしても、光脱毛までと決められています。これは、照射力が比較的弱い光を使って毛根に熱エネルギーのダメージを与える脱毛法で、医師免許が無くても使用する事が出来るものです。

この事から、脱毛サロンでは施術するのはエステティシャンで、痛みや刺激の少ない光脱毛をメインに脱毛する事が出来るところと言う事になります。

脱毛サロンで脱毛するメリットとしては、低価格・痛みや刺激が少ない・コスパが良い事が挙げられます。デメリットとしては、完全なる永久脱毛は無理・予約が取りにくい・施術期間が長期間になる事が挙げられます。

脱毛クリニックについて

脱毛「クリニック」となると、医療機関と言う事になります。つまり、脱毛が出来る病院と言う事です。

基本的には病院ですから、ドクターやナースが常駐していて、麻酔や痛み止めなどの薬剤を使用する事があります。そして医療用レーザー脱毛やニードル脱毛の施術を受ける事が出来ます。

医療レーザー脱毛は、照射力が強いレーザーを使用して、熱エネルギーによるダメージを毛根に与える、または毛根を破壊するという脱毛法です。クリニックでの脱毛の施術には全てドクターが管理し、医師免許が必要となる事が明確です。

この事から、脱毛クリニックではレーザー脱毛による永久脱毛の施術を受ける事が出来、万一の肌トラブルの時には診察をしてもらう事が出来るところと言う事になります。

脱毛クリニックのメリットしては、脱毛効果を早く実感する事・脱毛回数が少ない事・1回の施術時間が短い事・永久脱毛が出来る事が挙げられます。デメリットとしては、費用が高く痛みや刺激が強い事・肌への負担も大きくなる事が挙げられます。

脱毛サロンと脱毛クリニック、気軽に脱毛するならどちらが良いでしょうか?

脱毛サロンと脱毛クリニックでは、決定的に違う事があります。それは皮膚の専門ドクターが施術をするかどうかです。万一の時には診察を受ける事が出来るか出来ないか、と言う違いもありますし、お薬を使うか使わないかと言う違いもあります。

少しでも安心して安全を考慮してドクターの施術を受けたいと言う事であれば脱毛クリニックがおすすめですが、それにかかる費用や痛みへの我慢、ストレスは、個人差があるものの、痛く無かったと言う方は今までにいないほどです。

多少脱毛に期間がかかっても、痛みや刺激、肌トラブルの心配が少ない方が良いと言うのであれば脱毛サロンの方がおすすめです。脱毛サロンの場合は、脱毛クリニックと同じように個人差があるものの、ほとんど痛くなかった、ちょっとした刺激だったと言う方も多くいらっしゃいます。

気軽に脱毛をしたいと言うなら、キャンペーンの利用やお試し脱毛などが出来る脱毛サロンの方がおすすめです。また、費用や痛みを我慢する事を考えても、ストレスにならない方と言えば、脱毛サロンの方が良いと言えるのです。