phone-1209230_640-min
脱毛をしようと決心が出来たら、脱毛サロンや医療機関に行く前に、やることや準備することがあります。やることや準備することと言ってもそんなに難しい事ではありませんが、しておかないと施術の際に別料金が発生したり、肌トラブルを起こす原因になる事がありますので、しっかりとやるべきことは準備しておいた方が良いのです。

その脱毛の前にやることや準備することと言うのはどのような事があるのでしょうか。

脱毛の前にはムダ毛を自己処理しておこう

良く、施術の時に自己処理が不十分だと、スタッフの方にムダ毛を剃ってもらってから施術をしたと言う話を耳にします。これは、施術で使用するマシンとの関係が深くかかわっているからなのです。

脱毛に使うマシンはほとんどの場合、毛根部分の黒いメラニン色素に反応するものが主流です。そのため、ムダ毛が長く伸びている状態だと、伸びているムダ毛全体に照射した光やレーザーが反応してしまい、火傷をする可能性が出てくるのです。

火傷をしてしまえば、その後の施術は火傷が治ってからになりますから、回数や毛周期に合わせての施術が難しくなってしまいます。出来るだけ自分で出来るムダ毛の自己処理は施術日の2日前くらいに済ませておくようにしましょう。

ムダ毛の処理をする時に抜く事はしない

脱毛の施術日の2日前くらいにムダ毛の自己処理を済ませておくと言う話をしましたが、その時には毛抜きでムダ毛を抜く事はしてはいけません。同じくムダ毛の自己処理には変わりありませんが、毛根からムダ毛を抜いてしまっては、施術しても効果が得られないのです。

出来るだけシェーバーやカミソリなどで剃る事がおすすめです。

脱毛を決意したら日焼けはしないように注意する

日焼けをした肌には脱毛施術を出来ない事が多くあります。これは前述したように、脱毛に使用するマシンが黒い色に反応するからと言う事と、日焼けして赤くなって炎症を起こしている状態の肌に、光やレーザーを照射する事は出来ないからです。

少なくとも施術する日まではしっかりと紫外線対策をしておいて、余計な肌トラブルを避けるようにしましょう。

肌を保湿してコンディションを整えておきましょう

脱毛する部位は日頃から清潔にすることを心がけて、保湿をするようにしておきましょう。施術する肌が潤っていると、施術をする時に刺激を受けても炎症を起こしにくくなりますし、刺激を受ける事でコラーゲンの生成を促す事にも繋がるからです。施術当日は何もつけない方が無難なので、そのためにも事前に保湿しておく事は大切な事になります。

お薬について

季節や年齢によっては予防接種を受ける方がいると思います。また何らかの病気によって抗生物質軟膏を使用すると言う方もいる事でしょう。

脱毛を決意したら、施術日から数えて、予防接種後2週間は空けるようにする事がおすすめです。予防接種の後は体調不良を起こす事があるので、施術自体を避けるようにする事が良いと言われています。また、抗生物質軟膏などを使用している場合は、事前にそれを相談しておき、施術の前後指定された期間は使用を控える事が無難だと思います。

その他にも服用している薬がある場合にはひと言事前の相談をする必要がありますので、注意しておきましょう。

VIOラインの脱毛をする時には黒ずみ除去をしておきましょう

どうしてもVIOラインは普通に生活していても擦れたりして黒ずんでくるものです。それが原因で施術が出来ないケースもあるので、このゾーンの脱毛を決意したら、陰部周辺の黒ずみを軽減する事が出来る石鹸などを使って、美白を心がけると良いでしょう。

しかし、脱毛サロンによって、医療機関によっては基準もいろいろあるので、どうしても施術が出来ない場合に美白をすると言う感じで良いと思います。