pregnant-971982_640-min
脱毛は誰でも健康なら施術する事が出来ます。この「健康なら」と言うところがミソなのですが、では健康では無い人は脱毛が出来ないと言う事になるのでしょうか。脱毛ができない人の特徴にはどのようなものがあるのか、じっくりと見て行きたいと思います。

脱毛が出来ない人の特徴と症状について

日焼けしている

現在の脱毛の種類は光脱毛でもレーザー脱毛でも、黒いメラニン色素に反応する事から脱毛する事が出来る仕組みのマシンを使用しています。そのため、日焼けをしている方、極端に自黒な方は脱毛を断られる事があります。

また、理由としては「色」だけではありません。日焼けと言うのは紫外線を浴びて少なからず炎症を起こしているか、起こした後の状態になっているものです。そのため、皮膚の状態が正常ではないと判断される状態なら、脱毛は出来ないのが一般的なのです。

妊娠中か授乳中の方

女性にとってとても大切なイベントである妊娠や出産、授乳と言うものは、実は体内では大きな変化が起こっている状態になります。女性ホルモンのバランスが大きく変化するので、妊娠を維持する事が出来たり、産後は母乳が出るようになるのです。

こうした状態の肌と言うのは、当然、妊娠前の状態とは違う状態になります。毛周期が乱れたり、何らかの肌トラブルを起こしやすい敏感な状態になっている事が多いのです。

そのため、もしも妊娠中や授乳中に脱毛の施術を受けたとしても、とても痛みを強く感じたり、施術後の肌トラブルが重篤な状態になったりする事が考えられます。こうした理由から、基本的には妊娠中や授乳中は脱毛したくても、断られる事の方が多いのが一般的です。

生理中の方

生理中は妊娠中のレベルではないにしても、ホルモンバランスが大きく変化する時期です。そのため、生理が近くなったり、生理が始まると肌トラブルが起こりやすいとか、メイクのノリが悪いなどの症状を感じる方もいらっしゃいます。

生理中はこうした肌の状態が通常の状態とは異なると言う理由で、ほとんどの場合、脱毛をしてもらえない事が多いのです。大抵の脱毛サロンでは、生理中の脱毛の施術はNGとしている事が多いのもこの理由からです。

何らかの薬を服用している最中の方

一時的な風邪薬のような服用ではなくて、長期間継続的に服用している薬がある場合は、脱毛が出来ないケースがあります。脱毛ができないと判断される薬はいろいろな種類があるのですが、代表的なものでは、抗生物質、抗うつ剤、不安剤、ピル、のようなものがあります。

もしも自分が長期にわたり服用している薬がある場合は、処方箋などを持参してカウンセリングの時に相談してみると良いでしょう。

持病がある方

カウンセリングでは必ず既往歴を調べられますが、持病があるかないかを確認する為の重要なステップで、脱毛に適さない持病をお持ちの方は脱毛が出来ない可能性が高いのです。例えば、皮膚がん、糖尿病、心臓病、緑内障、薬物アレルギー、光アレルギーなどです。こうした持病がある場合はどうしても持病に影響が出る可能性があるので、脱毛出来ないケースがあります。

その他の理由で脱毛出来ない方の例

病気や妊娠、服薬中以外でどうしても脱毛が出来ないと言うケースがあります。例えば、タトゥーや刺青がある方、整形している方、生理がまだ来ていない未成年の方です。

タトゥーや刺青は、光に反応して火傷を起こす可能性が高い事、整形している方は医師との相談が必要になるため、生理が来ていない未成年の方はホルモンの分泌が活発である事などが主な理由です。

いかにも簡単に出来る脱毛のような感覚があった方も、これらの事には注意をして脱毛するようにしなければならないのです。