pregnancy-792742_640-min

妊娠中は脱毛が出来ないといいますが、それはどうしてなのでしょうか。お腹の赤ちゃんに影響がある程の強い光やレーザーは使用する事がないはずですが、その理由とはどのようなものがあるのでしょうか。

妊娠中の女性の体について

女性にとって妊娠と言うイベントは新しい生命を生み出すための大切な一大イベントです。その一大イベントの最中である妊娠中は、女性の体はどう変化するのでしょうか。

一般的には女性の体が妊娠をすると、妊娠を維持するために女性ホルモンのバランスが大きく変化して、体調にも大きな変化がある事が多くなると言われています。例えば、今まで使っていたスキンケア用品が急に合わなくなったり、体毛が濃くなったりするなどがあります。

これは妊娠した事によって、ホルモンバランスが変化して、妊娠前よりも肌が敏感になり、胎児を守ろうとするためです。妊娠をしている時には避けては通れないものだと認識しても良いでしょう。

妊娠中はどうして脱毛が出来ないのでしょうか?

妊娠中は前述したように、女性の体の中では大きな変化が起こっています。妊娠初期では体の変化がないので、体の中でも変化が起こっているような事に気づかないか、わからない事も多いと思います。

しかし、ホルモンバランスの急激な変化によって肌は敏感になる傾向が強く、体毛が濃くなる事も珍しい事ではないのです。こうした状態で脱毛をしたいと思っても、いつも通いなれた脱毛サロンであっても、いつも通りにはいかないことが多いです。

妊娠によって肌が敏感になる事から、光脱毛やレーザー脱毛をしても今までは平気だった方も、肌に赤みを帯びたり、過剰に反応する事が考えられるので、妊娠中は脱毛は基本的に出来ないと定めているのです。仮に妊娠中に脱毛サロンへ行っても施術を受ける事は出来ないです。

ホルモンバランスでの脱毛の影響は年齢にも関係あります。『脱毛は何歳から始められて何歳までできるの?』で詳しく説明しています。

妊娠中のレーザー脱毛は避ける事がベスト

脱毛に使われるレーザーは、普通の状態の体に対しては何の影響もないと言われているものです。妊娠中のレーザー脱毛でもこれは変わりありません。

しかし別の角度から見ると、レーザー脱毛による痛みが引き金になって子宮収縮を起こす可能性はあります。特に妊娠初期はまだまだ胎児の状態も不安定なので、他の脱毛も含めて脱毛は控えることがベストなのです。
レーザー脱毛について→『レーザー脱毛の仕組みを公開!レーザー脱毛は安心して利用できる?

他の脱毛法はどうでしょうか?

脱毛にはマシンを使わない脱毛法があります。例えば、ワックス脱毛や脱毛クリーム、カミソリなどです。これらの脱毛法なら妊娠中の体にも影響がないのでは?と思う方も多いと思いますが、どの方法も基本的には控える方が良いです。

その理由としては、妊娠中は肌の状態が妊娠していない時とは違うからです。肌が敏感になり、いつもなら平気、大丈夫、経験がある事でも、過剰に反応を示したり、炎症を起こす可能性があるからなのです。

例えカミソリで脇毛を剃ったとしても、普段は何でもない事なのに、なんだかヒリヒリ感が残ってる、そんな事も多くなるのが妊娠中なのです。出来る事なら、妊娠中は脱毛をしないようにムダ毛の自己処理も必要最小限に控える事が良いです。

妊娠中の脱毛についてのまとめ

妊娠中は通常の状態よりも、肌も心も敏感になっています。そのために、ムダ毛がいつもより気になったり、どうしても脱毛しないと気が済まない状態になったりしますが、それは心だけではなく、体も一緒なのです。

出来る限り必要最小限のムダ毛処理に留めて置いて、綺麗なツルスベ肌になるような脱毛は産後の楽しみに取っておく方が無難だと言えます。せっかくの大切な命を授かったのですから、少しの間、ムダ毛を我慢する事もへっちゃらなはずです。これも赤ちゃんのためですから、がんばれることでしょう。