laser-show-589727_640-min
脱毛には医療レーザー脱毛がありますが、気になるのは医療機関での脱毛なことから、健康保険の適用があるのかどうかと言う事です。医療レーザー脱毛ですから、健康保険が適用されるような感覚がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

医療レーザー脱毛は保険適用外?

医療レーザー脱毛は医療機関での施術になるのですが、実は健康保険適用外の診療になります。これは医療レーザー脱毛が医療に必要な医療行為としては認められていないためで、一般の病気やケガなどと同じ扱いにならないからです。

また、保険適用外の診療と言うのは、自由診療と言う事になりますから、施術を受けるクリニックや医療機関によってはかかる費用にも違いが出てきます。施術を受けるクリニックや医療機関によっては何万円もの開きが出る事も珍しくありません。トータルコストを考えてみると良く分かります。

保険適用になるためには、日本では国が認めている医療行為でなければならない決まりがあります。医療レーザー脱毛は再現性が低く、最先端の医療行為の部類に入るので、保険適用外になってしまうのです。

また、ほとんどの場合、美容を目的とした医療行為なので、脱毛そのものが自由診療の分野である事も原因の1つになります。同時に脱毛サロンやエステサロンでの光脱毛も保険適用外となりますので、費用については事前の確認が必要になります。

これらの事から、費用については医療レーザー脱毛は全額実費と言う事がわかります。一部負担などの措置もありませんから、全額実費になるのです。そのため、医療レーザー脱毛をしたい場合は、希望するクリニックのホームページを確認したり、問い合わせるなどして費用を確認する事がおすすめなのです。

もしもキャンペーンなどを実施している場合は積極的に利用すると少しお得になると言えます。

医療レーザー脱毛は金額交渉が出来るのですか?

通常はあまり費用の交渉をしているケースは見受けられませんが、場合によっては金額交渉をする事ができます。自由診療ですので、その医療機関が基準となって費用を決めているので、値段交渉をしてはいけないと言うルールはないのです。

ほとんど値段交渉をしたと言う話は聞いた事がありませんが、ダメ元で値段交渉をしてみる価値はゼロではありません。もしかしたら、全身を永久脱毛するなら10パーセント割り引きますなどのように、交渉が上手く行く可能性は秘めていると言えます。