girl-97433_640-min
脱毛には光脱毛があります。一般的にフラッシュ脱毛と呼ばれる事が多い光脱毛ですが、この仕組みはどうなっているのでしょうか?光脱毛について詳しく見て行きたいと思います。

光脱毛に使われる光はどんなものですか?

光脱毛はフラッシュ脱毛と呼ばれる事が多いようにピカッと光る光を利用した脱毛法で、その光は「インテンスパルスライト」(IPL)と呼ばれる一定の波長を持つ光です。この通称IPLは、一定の基準を満たした波長を持っていて、毛根に含まれるメラニン色素にダメージを与えます。

ムダ毛の毛根にダメージを与えると言う事は、毛根を破壊すると言う事で、ムダ毛を毛穴の奥の根元から処理すると言う仕組みを持ちます。そのため、光脱毛は毛周期に合わせて施術する事が大切で、毛根から抑毛効果があると言われるのです。

毛周期って?

大きく分けると毛周期は成長期、退行期、休止期に分かれます。ムダ毛が成長するのが成長期、成長が止まったムダ毛が抜ける時期が退行期、ムダ毛が再生するための準備期間が休止期と考えると良いでしょう。

毛周期のいつに脱毛すると効果的ですか?

光脱毛をするなら、毛周期の成長期のムダ毛に施術をする事が1番効果的だと言われています。成長期のムダ毛をカミソリやシェーバーで皮膚表面から出ている部分を処理してから施術をする事で、毛根の成長にダメージを与える事が出来ますから、最も効率的なのです。

特に、成長期のムダ毛は多くの毛細血管から栄養を吸い取って成長している時期でもあるので、毛根そのものが大きく成長している時期です。つまり、ターゲットになる毛根に最もダメージを与えやすい状態と言う事になります。

この仕組みを生かして光脱毛の光である「インテンスパルスライト」を照射する事で、大きく育った毛根と一緒に、その奥にある毛母細胞や毛乳頭までもダメージを与える事が出来ます。つまり、毛穴の奥のムダ毛の根源を破壊する事ができてしまうのです。

毛周期に合わせた光脱毛はどうして繰り返すのですか?

毛周期に合わせた光脱毛は1回では完結しません。と言うのは、ダメージを与えたムダ毛の毛根は破壊出来ても、他の休止期だった毛穴からは新しくムダ毛が生えてくるからです。

そのために、一定期間の毛周期に合わせて狙いを定めて、光脱毛を繰り返す事が有効で、次々に現れるムダ毛を徹底的に脱毛しようと言うのが光脱毛の仕組みでもあるのです。繰り返す事で、より一層の効果を発揮しますから、一定期間は繰り返す事が理想的です。