dance-593190_640-min
レーザー脱毛と言うといかにも脱毛!と思う方もいるようですが、レーザー脱毛は脱毛効果が高いもので、脱毛完了後のムダ毛の再生率も低い事が特徴的です。そんなレーザー脱毛はどんな仕組みになっているのでしょうか?

レーザー脱毛の仕組みについて

レーザー脱毛は施術する前にムダ毛をカミソリやシェーバーで剃る必要があります。これは、レーザーが黒い色、ムダ毛のメラニン色素に反応するからで、長い状態のムダ毛だとやけどをする可能性があるからです。

剃った状態のムダ毛に対して、レーザーを照射する事で毛穴から少しだけ見えている黒いムダ毛にダメージを与える事が出来ます。見た目だけのダメージでは無くて、ムダ毛の毛根にまでレーザーの熱エネルギーによるダメージを与える事が出来るのです。

照射したレーザーの熱エネルギーは、少しだけ見えている黒いムダ毛に吸収されて熱を持ちます。そして毛穴の中で周囲に広がり、ムダ毛を育てる毛根や毛母細胞を破壊するまでダメージを与えます。レーザー脱毛の仕組みはこのような仕組みで、残っているムダ毛はじきに抜け落ちてしまいます。

産毛やヒゲにもレーザー脱毛が出来ます

最近のレーザー脱毛はレーザーの種類、マシンの種類も豊富になってきて、これまで脱毛が難しいと言われていた産毛やヒゲのような剛毛に対しても脱毛が出来るようになりました。

代表的なレーザーの種類では、ロングパルスやヤグレーザー、フォトRFなどです。これらのレーザーは産毛のような色素の薄いムダ毛にも対応しているので、顔脱毛にも適していると言われています。

色素沈着がある部分にはレーザー脱毛は難しい?

さまざまな種類やマシンが登場しているレーザー脱毛業界では、1つ問題を抱えています。それは、肌の色素沈着が濃い部分には、レーザー脱毛が適さないと言う事です。

レーザーと言うものは前述したように主に黒い色に吸収される性質があるので、肌に色素沈着が濃くある場合は、その部分にもレーザーが吸収されてしまい、肌トラブルややけどのおそれがあるのです。

薄いシミなら逆に美白効果があります

濃い色素には吸収されてしまうレーザーも薄いシミのようなものなら、逆に美白効果を発揮します。レーザー自体が肌に触れる事で、コラーゲンの生成が促されたり、ターンオーバーを正常化させる働きがあるので、美白効果や美肌効果が期待出来るのです。

その色素沈着と薄いシミの判断が難しいところですが、仕組みを正しく知って効果的に利用する事がおすすめです。